ゼロエネルギー住宅

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の⾼断熱化と⾼効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅です。
地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。そのため、新しく家を建てる多くの方がZEHゼッチの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。
株式会社マルマサンクスハウジングでは、2020年度に50%以上となるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及を目標としています。

zeh-01

エネルギーをゼロにするためには上図のように3つの手段がありますが、家を建てる際に必要となるのは次の2項目です。
①なるべくエネルギーを消費しない、断熱性の高い住宅にする
②ソーラーシステム等の採用により、消費電力以上の電力量を発電する。


エネルギーを消費しない家 というのは、高性能断熱材と高断熱窓の組み合わせた家です。
その結果として 夏は涼しくて冬は暖かい という快適な環境の住宅になります。


zeh-03

また、新しく住宅を建築する際には上図のような 高効率の電化製品 を設備することにより、20%以上の省エネとなります。
ZEHの「⾼断熱基準」「設備の効率化」で20%以上省エネを満たした上で、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、正味でゼロ・エネルギーが実現できます。


zeh-04

ただし、屋根が小さい・日射が当たりくい住宅では、エネルギーを創ることに限界があるため、評価が考慮され、75パーセント以上の省エネで良いこととしています。これを Nearly ZEH といいます。


zeh-05

2020年度までに標準的な新築住宅での実現を目標として上記のようなスケジュールでZEHの普及を推進しています。


zeh-img

ゼロ・エネルギー・ハウスのイメージ
太陽光発電した電力を HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム) で家電や電気設備とつなぎ、電気やガスなどの使用量をモニター画面で「見える化」し、家電機器を「自動制御」します。
そして、余剰電力は蓄電池システムに蓄え、夜の電力消費に使用します。

補助金について
2012年よりZEHゼッチ仕様を導入しています。
補助金定額 125万円(平成28年度ZEH支援事業の補助金額)
蓄電池設置補助 5万円/kWh(上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額)

カテゴリー

ページ上部へ戻る